グラフィックス(SDL + OpenGL, OpenSceneGraph)

OpenSceneGraphをソースコードからコンパイルする

最終更新: 2015-04-20 (月) 08:44:45 (1584d)

概要

このページでは、インストーラを使わずに OpenSceneGraph をソースコードからコンパイルし、 インストールする方法について説明する。 ソースコードから自分でコンパイルしインストールすると、 問題が発生したときに OpenSceneGraph の中までソースコードをトレース実行し、デバッグを行えるという利点がある。 OpenSceneGraph は成長中のライブラリであるため、

  • ドキュメントが少ない。
  • バージョンによって動作が変更される可能性が高い。

などの問題がある。 従って、実行時エラーなどが発生したときにこの利点はとても重要である。 また、インストーラによってインストールされるバイナリは VC7 用のものなので 使用しているコンパイラが VC6 の場合は必然的にこの方法を採る必要がある。

参考までにコンパイルにはかなりのリソースを食うことを知っておこう。 正確には計測していないが、Athlon 1.4MHz のコンパイル環境で コンパイルに掛かる時間は約1時間*1である。 また、HD も 5GB ぐらい消費する。

ソースコードのダウンロード

まずは、以下のサイトから OpenSceneGraph のソースコードをダウンロードしよう。

ダウンロードしたら、ソースコードを好みの場所に解凍する。

コンパイルする

コメント

コメントはありません。 コメント/OpenSceneGraphをソースコードからコンパイルする

お名前: