グラフィックス(SDL + OpenGL, OpenSceneGraph)

OpenSceneGraph/0_9_X/1.セットアップ

最終更新: 2015-04-20 (月) 08:44:43 (1495d)

ライブラリのインストール

OpenSceneGraph で3Dグラフィックスのプログラムを製作するためには、 OpenSceneGraph をインストールしなければならない。 まずは、以下のサイトで OpenSceneGraph をダウンロードしよう。

ダウンロードしたら、インストーラを実行し、OpenSceneGraph をインストールする。 インストールが済むと スタートOpenSceneGraphDemo でサンプルプログラムを実行できる。

※ ただし、インストーラで OpenSceneGraph をインストールし、VC6 でプログラムを作ったところ失敗した。 コンパイルには成功するが、実行時のエラーで画面が表示される前にプログラムが止まってしまう。 問題になっているのは文字列処理のようだ。 その場合は、以下の関連をたどりソースコードから自分で OpenSceneGraph をインストールする必要がある。 使用しているコンパイラが VC7 の場合は特に問題ない。

VC++ のセットアップ

次に Visual Studio をセットアップして OpenSceneGraph を使えるように設定する。 インストールしたライブラリには、include/lib というディレクトリが存在する。 このディレクトリには、OpenSceneGraph を使うために必要なインクルードファイル/ライブラリファイルが入っている。 Visual Studio が、これらのファイルを参照できるように設定する。

  • VC6の場合
    • プルダウンメニューのツールオプションディレクトリインクルードディレクトリ/ライブラリディレクトリ に以下の設定を追加する。
  • VC7 の場合
    • プルダウンメニューのツールオプションProjectsVC++ ディレクトリインクルード ファイル/ライブラリ ファイル に以下の設定を追加する*1
ディレクトリを表示するプロジェクト設定値
インクルード ファイル<OpenSceneGraph ディレクトリ>/OpenSceneGraph/include
ライブラリ ファイルC<OpenSceneGraph ディレクトリ>/OpenSceneGraph/lib

以上で VC++ のセットアップは終了だ。

プロジェクトの作成・設定

最後に VC++ で OpenSceneGraph を使ったプロジェクトの作成方法について説明する。

VC6 の場合

  • プルダウンメニューの ファイル新規作成プロジェクトWin32 Console Application で新しいプロジェクトを構築する。
    • 作成するアプリケーションの種類として空のプロジェクトを選択する。
  • プロダウンメニューのプロジェクト設定でプロジェクトの設定を開始する。
    • リンクタブ ⇒ カテゴリ:一般オブジェクト/ライブラリ モジュール を以下のように設定する *2 *3 *4
opengl32.lib glu32.lib osg.lib osgProducer.lib osgUtil.lib Producer.lib OpenThreadsWin32.lib
  • C/C++タブ ⇒ カテゴリ:コード生成使用するラインタイム ライブラリを以下のように設定する。
設定の対象設定値
Win32 Debugマルチスレッド(DLL,デバック)
Win32 Releaseマルチスレッド(DLL)
  • C/C++タブ ⇒ C++ 言語ランタイムタイプ(RTTI)情報を有効にする チェックボックスにチェックを入れる。

以上。

VC7 の場合

  • プルダウンメニューのファイル新規作成プロジェクトVisual C++ プロジェクトWin32Win32 コンソール プロジェクト で新しいプロジェクトを構築する。
    • 余計なファイルがプロジェクトに追加されないよう、 アプリケーションの設定タブの 空のプロジェクト にチェックを入れる。
  • プロダウンメニューのプロジェクトプロパティ でプロジェクトの設定を開始する。
    • 構成プロパティリンク入力追加の依存ファイル を以下のように設定する *5 *6
opengl32.lib glu32.lib osg.lib osgProducer.lib osgUtil.lib Producer.lib OpenThreadsWin32.lib
  • 構成プロパティC/C++ *7
    • コード生成ランタイム ライブラリ を以下のように設定する。
構成設定値
Debugマルチスレッド デバッグ DLL
Releaseマルチスレッド DLL
  • 言語ランタイム型情報を有効にするはい に設定する。

以上。

コメント

コメントはありません。 コメント/OpenSceneGraph/0_9_X/1.セットアップ

お名前: