グラフィックス(SDL + OpenGL, OpenSceneGraph)

OpenSceneGraph/2_X_X/1.セットアップ

最終更新: 2015-04-20 (月) 08:44:44 (1495d)

ライブラリのインストール

OpenSceneGraph パッケージのダウンロード

Debug用openscenegraph-all-2.8.2-win32-x86-vc90-Debug.zip
Release用openscenegraph-all-2.8.2-win32-x86-vc90-Release.zip

libopenscenegraph-dev や libopenthreads-dev 等のパッケージ毎の zip ファイルをダウンロードしても良いが、all を選択した方が DLL 等も含めて一括して入っているので断然楽である。

パッケージ毎のダウンロードを行う場合は、下記ページを参照のこと。

ダウンロードした zip ファイルを解凍して、適当な場所に展開する。

依存ライブラリのダウンロード

  • http://www.openscenegraph.org/projects/osg/wiki/Downloads
    • Project dependencies and DatasetsDependencies から VisualStudio 9 (2008) SP1 にアクセスし、依存ライブラリをダウンロードする。
      • 本ページ記述時点では依存ライブラリが zip に固められてダウンロードできるようになっていたので、それをそのままダウンロードし適当な場所に展開した。
      • svn access directory となっている場合は、適当な Subversion クライアント(TortoiseSVN 等)を利用してリンクアドレスから依存ライブラリをダウンロードする。

環境変数のセットアップ

実行時に必要な DLL が参照できるよう環境変数 PATH にダウンロードしたライブラリの bin フォルダを追加する。

Visual Stuido のセットアップ

概要

次に環境をセットアップして OpenSceneGraph を使えるように設定する。 インストールしたライブラリには、それぞれに include および lib というディレクトリが存在する。 インストールしたライブラリには、それぞれにinclude および lib というディレクトリが存在する。 このディレクトリには、OpenSceneGraph を使うために必要なインクルードファイルおよびライブラリファイルが入っている。 Visual Studio が、これらのファイルを参照できるように設定する。

  • プルダウンメニューのツールオプションプロジェクトおよびソリューションVC++ ディレクトリインクルード ファイル および ライブラリ ファイル にダウンロードしたライブラリの include および lib を追加する。

設定例

筆者の環境では D:\Home\Program\Binary\Cpp\OpenSceneGraph-2.8.2 配下にライブラリを展開して利用している。 関係するのは下の3つだけで SDL の設定等は別のものなので無視して欲しい。

インクルード ファイル

setting_includes.png

ライブラリ ファイル

setting_libs.png

以上で Visual Stduio のセットアップは終了だ。

プロジェクトの作成・設定

最後に Visual Studio で OpenSceneGraph を使ったプロジェクトの作成方法について説明する。

プロジェクトの新規作成

  • プルダウンメニューのファイル新規作成プロジェクトVisual C++Win32Win32 コンソール プロジェクト で新しいプロジェクトを構築する。
    • 余計なファイルがプロジェクトに追加されないよう、 アプリケーションの設定タブの 空のプロジェクト にチェックを入れる。

プロジェクトの設定

  • プロダウンメニューのプロジェクトプロパティ でプロジェクトの設定を開始する。
    • 構成プロパティリンカ入力追加の依存ファイル を以下のように設定する。
      • OpenGL を利用するので opengl32.lib および glu32.lib を含めダウンロードしたライブラリの lib フォルダにある全ての lib ファイルを設定している。
      • デバッグ用のライブラリは、末尾に d もしくは D を付ける慣習がある。慣習に合わせて Debug 構成と Release 構成の内容を決定している。

Debug 構成に関する設定

opengl32.lib glu32.lib osgd.lib osgAnimationd.lib osgDBd.lib osgFXd.lib osgGAd.lib osgIntrospectiond.lib osgManipulatord.lib osgParticled.lib osgShadowd.lib osgSimd.lib osgTerraind.lib osgTextd.lib osgUtild.lib osgViewerd.lib osgVolumed.lib osgWidgetd.lib OpenThreadsd.lib curllibD.lib freetype237_D.lib glut32D.lib libjpegD.lib libluaD.lib libpng13d.lib libtiffD.lib libungifD.lib vrpnD.lib zlib1d.lib

Release 構成に関する設定

opengl32.lib glu32.lib osg.lib osgAnimation.lib osgDB.lib osgFX.lib osgGA.lib osgIntrospection.lib osgManipulator.lib osgParticle.lib osgShadow.lib osgSim.lib osgTerrain.lib osgText.lib osgUtil.lib osgViewer.lib osgVolume.lib osgWidget.lib OpenThreads.lib curllib.lib freetype237.lib glut32.lib libjpeg.lib liblua.lib libpng13.lib libtiff.lib libungif.lib vrpn.lib zlib1.lib

設定例

Debug 構成に関する設定

setting_project_debug.png

Release 構成に関する設定

setting_project_release.png

作成後のソリューション/プロジェクト

動作確認

概要

下記のページから BasicGeometry.cpp をダウンロードし、プロジェクトに追加する。

ソリューションのビルドおよびデバッグ開始を実行し、画面が表示されたら成功だ。

作成後のソリューション/プロジェクト

実行画面のスナップショット

example.png

フルスクリーンで表示される。 上記画面とは別に DOS プロンプトが立ち上がるがとりあえず気にしないで欲しい。 DOS プロンプトを抑止する方法は後で考えるか…。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブラウザに Google Chrome を使って OpenSceneGraph パッケージのダウンロードを実施した際、ダウンロードが正常にできなかった・・・(途中でダウンロードが中断され、解凍できない zip ファイルが残った)。IE を使ってダウンロードしたらダウンロードできた・・・。なんでだろ?(´・ω・`) -- トゥイー 2009-10-14 (水) 11:08:46
お名前: