グラフィックス(SDL + OpenGL, OpenSceneGraph)

SDL+OpenGL/5.ジョイスティックの使用(Joystick)

最終更新: 2015-04-29 (水) 11:58:24 (1330d)

SDLを使うとジョイスティックを簡単に使うことができる。 上の図は、8ボタンジョイスティックを使った場合の実行画面である。 このプログラムでは、新たにJoystickクラスを導入する。 ジョイスティックから情報を取得する方法を知ることができる。

JoystickViewerクラスは、 Joystickから得られた情報をSDL + OpenGLを使って表示するためのヘルパークラスである。


スクリーンショット


上図は、本サンプルプログラムのスクリーンショットである。

ソースコード

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • JoystickViewerでGULT使ってるんだね。やられた -- 2011-08-06 (土) 17:55:36
  • 意見ありがとうございます。あれ?なんで GLUT 使ってるんだっけかなとソースを見たら、球を書くのが簡単だったから使っているようですね。申し訳ないです。できたら不要な依存関係は省きたいですよね^^;ちょっと検討してみます。そこはこのサンプルのポイントではないんで。現時点ではご了承ください。 -- トゥイー 2011-08-08 (月) 04:15:54
お名前: