Ownway.Info
 
HOMEBALLo → BALLoの遊び方
BALLoの遊び方

1: インストールと起動

BALLoのインストールは実に簡単で、 setup.exeをダウンロード/実行し、 指示に従ってOKボタンを押していけばインストールは完了する。 BALLoで遊びたいときは、

で起動する。3Dブロック崩しを終了させたいときは、ウィンドウを閉じるかESCキーを押す。

2: タイトル画面

3Dブロック崩しを起動すると上図に示すようなタイトル画面が表示される。 この画面でキーボードのz、もしくはジョイパッドのボタン1を押すとステージ選択画面に進む。

3: ステージ選択画面

ステージ選択画面では、遊ぶステージを選ぶことができる。 ステージは練習ステージである5ステージを含め、全部で12ステージが用意されている。 ただし、練習ステージ以外の通常ステージは前のステージをクリアしないと遊ぶことはできない。

4: ゲーム画面

上図にゲーム画面を示す。フィールドにはブロックが配置されており、 2Dの正当なブロック崩しと同じように、バーを使ってボールを跳ね返し、 ブロックに当てることでブロックを壊していく。

ブロック

フィールドには、上図に示すような色付きのブロックが多数配置されている。 ブロックにはいくつかの種類があるが、 フィールドに存在する破壊可能なすべてのブロックを破壊するとステージクリアとなる。

ボールとガイド

上図に示すような黄色い球がボールである。 ボールには重力が働いており、フィールド上をポンポンと飛び跳ねながら動いている。 ボールは、フィールドの壁、ブロックおよびプレーヤが操作するバーに当たると跳ね返る。

ボールから伸びている白い破線をガイドという。 ガイドは、ボールのこれからの動きを示す線である。

バー

上図に示すような白い板がバーである。 プレーヤはバーを操作することでボールを跳ね返し、ブロックを壊していく。 バーは、キーボードおよびゲームパッドによって操作することができる。 コントローラのキーと、バーの動作対応表を以下に示す。

キーボードジョイパッド動作
← / →← / →バーを左右に加速
↑ / ↓↑ / ↓バーを上向き/下向きに傾ける

2Dのブロック崩しと同様、バーは左右に動かすことができる。 プレーヤーは、ボールをバーのどこに衝突させるかによってボールの反射方向を操作できる。 ただし、これは水平方向に関してだけで左の方向に反射させたい場合はバーの左側でボールを打ち、 右の方向に反射させたい場合はバーの右側でボールを打てばいい。

プレーヤーは、ボールの垂直方向の反射方向を操作するために上下キーを使ってバーの傾斜を操作することができる。 上キーを押すとバーは上向きに傾き、下キーを押すとバーは下向きに傾く。

■ 視点

このゲームではフィールドに高さがあり、視点を変えることで高さ重視と奥行き重視を切り替えることができる。 コントローラのキーと、視点変更の動作対応表を以下に示す。

a / sボタン5 / ボタン6左・右への視点回転移動
d / fボタン7 / ボタン8上・下への視点回転移動

視点を上図のように切り替えることで、 奥行きを重視したプレイスタイルや高さを重視したプレイスタイルを 選択しながらゲームを進めることができる。

■ 補足
使用しているビデオカードによっては、遊ぶことができない程に処理落ちするという現象が確認されている。 (この現象はタイトル画面では起きず、ゲームが始まった直後から起きる。) その原因はボールの影を描画するためにステンシルバッファというビデオカードの特殊な機能を使用していることで、。 使用しているビデオカードによってボールの影の機能をON/OFFすることができる。 従って、初期状態ではボールの影の機能をOFFにしている。 ONにしたい場合は、data/config.xmlのshadow属性をfalseからtrueに設定する。
5: アンインストール

BALLoはアンインストーラを備えているので、 以下の手順でアンインストールすることができる。

でプログラムを削除する。

戻る: BALLo