君の瞳はまるでルビー - Ruby 関連まとめサイト

推薦書籍:Rubyベストプラクティス -プロフェッショナルによるコードとテクニック

最終更新: 2015-03-31 (火) 21:53:11 (1688d)

推薦理由

この本の最初の魅力は「テストでコードを駆動する」という章で始まるところです。

全ての開発言語において言えることですが、スクリプト言語となるとテストコードの重要性はさらに増すと個人的に感じています

そこを開始点として2章「美しいAPIを設計する」では Ruby でAPIを作る際の有効な思想が語られており、 Ruby アプリケーション/ライブラリのどちらを扱うか、作るのか/使うのか問わずに知っておくと有用な情報が載っています。

次の3章では「動的な機能を使いこなす」という題で Ruby の自由度の高さを利用した高度なコードの書き方を説明しています。 3章自体はもちろんものすごく参考になりますが、僕が一番気に入ったのは3章の最後の節に書いてあった以下の文です。

  • 3.7. まとめから引用
    • 私の経験則は、こうした先進的な Ruby の機能は、その必要性が明らかになるまですべてを無視するというものだ。

これはとても重要な原則だと思います。僕も同意します。

内容も申し分なく、さらに筆者の思想も含めて書いてあるところが、僕がこの本を良書と感じた理由です。お勧めです。

コメント

本ページの内容に関して何かコメントがある方は、以下に記入してください。

コメントはありません。 コメント/books/ruby_bestpractice

お名前: