世界のノドでシャウトしよう! - 凡人向け PC 版 Skyrim の遊び方ガイド

セーブデータの管理

最終更新: 2015-04-01 (水) 00:42:00 (1355d)

概要

セーブデータには種類があります。

種類概要
通常セーブデータマニュアルでセーブしたデータ。番号が付けられて蓄積されていくのが特徴。
オートセーブデータ時間にフィールド上の移動時など、定期的に保存されるセーブデータ。セーブ漏れを防ぐためのもの。データ数に上限があり、最新のもので上書きされていく。
クイックセーブデータマニュアルでセーブしたデータ。最新のものだけが保存されるのが特徴。

セーブデータは、通常以下のフォルダに保存されています。

  • マイドキュメント\My Games\Skyrim\Saves 配下

ファイルの拡張子は ess です。MOD を入れている場合、拡張子 skse の同名ファイルが対で存在している場合もあります。

拡張子 skse のファイルが存在する場合は、常にセットで考えてください。

名称の変更

通常セーブデータのファイル名は任意に変更可能です。ファイル名を変えたことによって使えなくなるということはありません。

ロード画面に表示されているのはファイル名です。重要な局面のセーブデータはファイル名を変更してわかりやすくしましょう。

削除

ファイルを削除すれば、該当セーブデータを消せます。不要なものは消しましょう。

バックアップと復元

ファイルを別の場所にコピーすればバックアップになります。復元したい場合は元の場所に戻せば大丈夫です。

ただし、MOD を導入している場合、セーブデータだけを元に戻せばいいだけではなく、Skyrim の MOD 環境も元に戻す必要がある点に注意が必要です。

必要な MOD が入っていない環境でセーブデータをロードした場合でも、大抵の場合はロード時に警告が出るだけで動きます。ただし、

  • MOD で導入した道具類は消える。
  • MOD で導入した建物に保管していた道具類は消える。

ので注意してください。

MOD まで含めた環境のバックアップと復元については以下を参照してください。対象にはセーブデータも入っています。

参考

セーブデータを管理する専用ツールがあります。

このツールはセーブデータのみならず MOD のインストールやインストール済み MOD の管理、スクリーンショットの管理など、 Skyrim の総合的な管理を行う高度なツールです。

利用には相応の知識が必要になることを予めご了承ください。